オーガズムの仕組み

オーガズムとは何かをひとことで説明するなら、男女がそれぞれの性器で感じる快感 の頂点、すなわち絶頂感です。

互いに触れあい、ともに濡れて、身も心も溶けそうになるほどの快感におぼれて、気 が遠くなりそうなほど感じて、感じて、感じて……この気持ちのよさが最も極まつた、 ごく短い時間のことです。

頂点というからには、そこに至るプロセスがあります。男性のペニスを体内に迎え入 れてすぐに、女性が身もだえ、絶頂を迎える……というのはアダルト作品などが作り出 した幻想のようなものでしょう。

現実の男女であれば、性欲を感じてからオーガズムに達するまでには、左のグラフの ようなブロセスをたどります。

1の興奮期から2の高原期にかけて徐々に快感が高まり、3のォーガズム期を迎え、 そして4の消退期になって快感が退いていく——というのが大まかな流れですが、それ ぞれの段階にかかる時間の長さは男女で差があり、もちろん個人差もあります。特に女 注は、グラフのAのように絶頂感を一度ならず何度も体験する人、Bのようにオーガズ ムまで至らないまでも快感に長い時間浸れる人、または短時間でオーガズムに達し、す ぐに消退期を迎えるCのような人など、個々でかなりの差があります。さらにその時々 の環境や体調によっても変わりますが、セックスであってもマスタ1ベーションであっ ても、男女ともに必ずこの4段階のプロセスをたどります。

ですから、挿入してすぐにィクというのは、走り幅飛びにおいて、ろくに助走もせず にジャンプしたにもかかわらず、助走で勢いをつけて踏み切った場合と同じ記録が出た、 というくらい、ありえないことなのです。

では、セツクスをしている最中に、自分が、もしくは彼女がどの段階にいるかは、ど うすればわかるのでしよう?それがわかれば、彼女がまだ高原期に入っていないのに、 敖しいピストンをして痛い思いをさせたり、または自分だけ先に果ててしまつたりといつたことが避けられますね。

答えは、よく観察することです。肌がほんのり紅潮する、脈拍が増加し、呼吸が乱れ る、手脚が緊張する、またはだらりと弛緩する……などなど、目で見てわかるサインが 必ずあるのです。

感じているときに、それぞれの身体にどんな変化が起き、どんなサィンがあるのか、

男女別に見ていきましよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です