女性の興奮期

早くベッドィンしたいのに、なかなか彼女がその気になつてくれない……そんなときあなたは、女性の性感帯や性器に、直接触れていませんか?

性欲のスィッチがオンになっていない女性の身体にむやみに触れても、いやがられる だけ一女性は全身への愛撫によって興奮しやすいため、下着姿でハグしあったり、抱 きしめて髪や背中をやさしく撫でたりといつた、男性にとつてはちよつと物足りないぐ らいソフトなスキンシップから始めたほうが、実は近道なんです。焦りは禁物。全身へ のやさしいタッチから、耳や首すじ、乳首など感じやすいパーツへの愛撫に移行すると、 彼女の身体は自然に開いていきます。

興奮期に入った女性は骨盤が充血し、膣の壁からゥ愛液,,J-フブジユース4などとい われる、さらさらした潤滑液が染み出てきます。いわゆるゥ濡れる/,という状態です。

ラブジユースは、女性が感じはじめた証拠。これは間違いありませんが、その量が多 いほど、彼女が興奮している、感じているということは断じてありません。

ラブジユースの量には個人差があります。そもそもラブジユースの正体からしていま だ多くがナゾに包まれているのですが、その成分には汗のようなものも含まれていると いうのが通説です。

炎天下で同じように暑いと感じていても、たくさん汗をかく人と、そうでもない人が レるようにシI—ツをぐつ^^より濡らすぐらいに分^する人もあまり濡れずに口^_ショ ンを常用している人も、どちらも等しく快感に溺れているということは、十分にありえ ます。ラブジユースの量は、体質や体調によつて大きく左右されるのです。

実際、あまり水分をとらず脱水症状に近い状態でセックスをすると濡れにくいといわ れています。「朝は濡れにくいからセックスしたくない」という女性がいますが、これ は寝ているあいだに汗をかいたせいで身体のなかの水分が少なくなつたからと考えられ ます。アダルト作品などに出演する女性のなかには出番の前に水をたくさん飲んでおく 人もいるそうです。

また、年齢を重ねれば、ホルモンのバランスが変わり、ラブジユースの量も少なくな ります。多い、少ないに気をとられるのではなく、彼女なりの濡れ方を把握するのがよ いでしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です