オーガズムの仕組み

オーガズムとは何かをひとことで説明するなら、男女がそれぞれの性器で感じる快感 の頂点、すなわち絶頂感です。

互いに触れあい、ともに濡れて、身も心も溶けそうになるほどの快感におぼれて、気 が遠くなりそうなほど感じて、感じて、感じて……この気持ちのよさが最も極まつた、 ごく短い時間のことです。

頂点というからには、そこに至るプロセスがあります。男性のペニスを体内に迎え入 れてすぐに、女性が身もだえ、絶頂を迎える……というのはアダルト作品などが作り出 した幻想のようなものでしょう。

現実の男女であれば、性欲を感じてからオーガズムに達するまでには、左のグラフの ようなブロセスをたどります。

1の興奮期から2の高原期にかけて徐々に快感が高まり、3のォーガズム期を迎え、 そして4の消退期になって快感が退いていく——というのが大まかな流れですが、それ ぞれの段階にかかる時間の長さは男女で差があり、もちろん個人差もあります。特に女 注は、グラフのAのように絶頂感を一度ならず何度も体験する人、Bのようにオーガズ ムまで至らないまでも快感に長い時間浸れる人、または短時間でオーガズムに達し、す ぐに消退期を迎えるCのような人など、個々でかなりの差があります。さらにその時々 の環境や体調によっても変わりますが、セックスであってもマスタ1ベーションであっ ても、男女ともに必ずこの4段階のプロセスをたどります。

ですから、挿入してすぐにィクというのは、走り幅飛びにおいて、ろくに助走もせず にジャンプしたにもかかわらず、助走で勢いをつけて踏み切った場合と同じ記録が出た、 というくらい、ありえないことなのです。

では、セツクスをしている最中に、自分が、もしくは彼女がどの段階にいるかは、ど うすればわかるのでしよう?それがわかれば、彼女がまだ高原期に入っていないのに、 敖しいピストンをして痛い思いをさせたり、または自分だけ先に果ててしまつたりといつたことが避けられますね。

答えは、よく観察することです。肌がほんのり紅潮する、脈拍が増加し、呼吸が乱れ る、手脚が緊張する、またはだらりと弛緩する……などなど、目で見てわかるサインが 必ずあるのです。

感じているときに、それぞれの身体にどんな変化が起き、どんなサィンがあるのか、

男女別に見ていきましよう。

男性の興奮期について

動物にはメスの排卵にあわせてォスの生殖機能も働きだす、いわゆる”発情期々があ りますが、人間はいつでも性欲を感じ、セックスをすることができる数少ない動物のひとつです。

特に男性は、ちょっとしたきっかけで性欲のスィッチが入ります。

たとえば、食事中に彼女の濡れた唇が目に入る、グラビアアィドルの挑発的なビキニ

姿を雑誌で見る、スカートのスリットからチラリとのぞいたナマ脚を目撃する それ

だけでムラムラしてしまった経験は、男性なら誰しも一度はあるでしよう。このように、 男性は視覚による刺激で性的興奮を得ることが多いといわれて います0

もちろんほかにも、好きな女性のことを考えたり、セックスを連想させるにおいや音、 声をキヤッチすることで、性欲に火がつくこともあるでしょう。きっかけはさまざまで すが、男性が興奮期に入ったことを示す身体的反応は一目瞭然、ペニスの勃起です。

ただし、コロンブスの卵ではありませんが、男性の場合は勃起した後に性欲を感じる こともままあります。特に性欲を感じていなくても、しごいたり撫でたりといった物理 的刺激を与えることで、ペニスは簡単に勃起します。そして、この身体的反応が起きた ことによって気分が盛り上がり、セックスをしたいと思うようになるのです。

これは、男性だけに起きる特有の現象です。女性は物理的な刺激から性欲に火がつくことは男性に比べるとまれで、愛情があつてはじめて性欲を感じる傾向にあります。「愛 していない人とセツクスなんて無理!」「彼氏とケンカ中はエツチな気分にはなれない」 といわれたことはありませんか? 男性と女性とでは、性欲がオンになるきつかけに違 いがあるため、このょうなすれ違いが起きるのです。

男性の高原期について

興奮期で勃起したペニスを、彼女の手でしごいてもらつたり、舌で愛撫してもらつた りすると、ふだんはだらりとぶら下がつている陰のうが自然と持ちあがり、尿道からクカ ウパー腺液/,がにじみ出てきます。これが高原期のはじまりです。

さらさらとした透明な体液である,’カウバー腺液,,の量には個人差がありますが、こ れは快感の強い弱いを計るバロメータ丨ではありません。射精までのあいだずつと分泌 され続けるものなので、勃起している時間が長いほど量も多くなるだけのことです。

では、カウパー腺液は一体何のためにペニスの先を濡らすのでしょうか?

ひとつめの役割は、男性の尿道をきれいにすることです。当然のことですが、尿道にはおしっこが残っていますが、それだけでなく、一度目のセックスが終わった後であれ ばそのときの精液も残存している可能性があります。これが女性の膣内に入ってしまっ ては、不衛生。カウパー腺液は、こうした残留物を事前に洗い流すことで、女性の身体 を感染症などから守っているのです。

膣とペニスのあいだの摩擦を少なくするのも、カウパー腺液の大事な役割です。女性 のラブジユースと同じく、これがあることでペニスが膣を出入りするときの摩擦が減り、 ピストン運動が滑らかになって、互いの粘膜を傷つけることもなくなります。快感の度 合いも確実にアップするでしょう。

そして忘れてはならないのが、膣内を中和するとい、っ役割。女性の膣のなかは弱酸性 に保たれていますが、実はこの環境下では精子が死んでしまうのです。子宮の奥にある 卵子が受精するためには、男性が射精する前に膣内を中和する必要があり、そこでアル カリ性のカウパー腺液の出番となるわけです。

つまりカウパー腺液が出てきたということは、女性の膣内に入るための下準備ができ たということ。彼女の身体も高原期を迎えて、ペニスを受け入れられる状態になっているなら、いつでも挿入してよいのです。

男性のオーガズム期について

女性の膣のなかというのはとても温かく、そのうえしっとりと潤っています。ペニス がこれに包まれているだけでも気持ちいいものなのに、あなたの腰の動きに合わせて彼 女の膣内がうごめき、ペニスをやわらかく締めつけてくるとなると、もうたまりません。

ペニスがうっとりするような快感に包まれているあいだ、あなたの骨盤の底の筋肉が ひそかに緊張してきます。だいたいの人にとっては無意識のうちに起こる現象ですが、 なかには腰のあたりが甘くしびれるように感じる人もいるかもしれません。

濡れたヒダとの摩擦が気持ちよすぎて、ついにあなたのペニスが限界に達し、摩擦の 心地よさに射精の衝動をおさえられなくなると、膀胱の括約筋がゆるみ、骨盤の底の筋 肉がビクッ、ビクッと律動的に収縮します。そしてそのリズムに合わせて、ドクッ、ド クッという一定のリズムを刻んで、尿道から精液が吐き出されるのです。

精巣に蓄えられていた精液が尿道を流れていく時間は、ほんの数秒。男性のォーガズムは、このわずかな時間で終わつてしまいます。

水鉄砲のようにビユッと噴き出たり、したたり落ちるように流れ出たり、射精の勢い はさまざまですが、精液の量は2〜4’一といわれています。射精の勢いや、精液の量の 多い少ないは、快感の度合いと比例するものではありません。

泌尿器科の医師によると、若い男性ほど精液が元気よく飛び出し、酒を飲んで酔った 状態ではだらだらとした射精になるそうです。このように勢いのない射精は、実は高原 期の段階からヵゥパー腺液に混ざって、いくぶんかの精液が漏れている可能性がありま す。ですから、妊娠を望まないヵップルの場合は、挿入前からコンドームをつけるよう にしましよう。

男性の消退期について

オーガズムの強い快感から1分も経てば、ペニスから血が引き上げます。そうなると 勃起がおさまり、ほどなくペニスは通常のサィズに戻ります。持ち上がつていた陰のう も再びだらりと垂れさがつた状態になるでしよう。

これが消退期ですが、男性にはその後,,無反応期,,といつて、興奮したりペニスが勃 起したりといつた性的反応を起こすことがまつたくできなくなる時間があります。年を 重ねるにつれこの無反応期は長くなります。若いころは一晩に何度でもできたのに……

と嘆く人もいるようですが、これは性機能の衰えというより、全体的な身体機能の低下 に原因があるようです。射精の後は全身の筋肉が弛緩し、満足感、幸福感が残ります。「ま だまだ若い—」とムキになつてすぐに2回戦に挑むよりも、彼女と一緒にこの余韻にひ たるほうが、すてきな時間を過ごせるのではないでしようか。